365日 年中無休 24時間受付
0120-42-0409

神式・キリスト教式

仏式の焼香にあたるもので神葬祭で行うのが「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。柳の枝に四手という紙片を下げたもので、神の霊が宿るとされています。
献花はキリスト教や無宗教の葬儀で行われることが多いです。

【玉串奉奠の作法】

  • 玉串奉奠01

    祭壇に進んで、神官の前で一礼をします。

  • 玉串奉奠02

    玉串の枝の根元を右に、枝先を左にして 受け取ります。

  • 玉串奉奠03

    左手で玉串の枝を捧げるように持ちあげます。

  • 玉串奉奠04

    神官に再度一礼をし、祭壇前にある玉串奉奠台の前2~3歩のところまで進みます。

  • 玉串奉奠05

    玉串を軽く目の高さまでげ、右手を手前に引いて葉先を祭壇に向けた後(図1)、右手と左手を持ち替え(図2)、今度は根元が祭壇 の方を向くように右回りに 回します(図3)。

  • 玉串奉奠06

    根元を祭壇に向けたまま玉串を両手で静かに机に置きます。正面を向いたまま少し下がって二礼し、音を立てずに二回拍手(しのび手)一礼します。最後 に神官や遺族にご挨拶をして席に戻ります。

※神式の各宗派により作法が異なります。

【献花の作法】

  • 献花01

    祭壇に進んで、ご遺族様に会釈をします。

  • 献花02

    一礼をし、花を両手で受け取ります。

  • 献花03

    献花台に進んで一礼し、茎の部分が霊前 に向くよう時計回りに回します。

  • 献花04

    左手を持ち替え、そっと献花台に花を置きます。

  • 献花05

    手を組み合わせて頭をやや下げ、黙祷をします(カトリック信者は十字を切る場合もありますが信者でない場合は黙祷か最敬礼でも良いとされています)。

※最近では、キリスト教でも宗派により焼香が行われる場合もあります。